デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うと?

デリケートゾーンの黒ずみに効くと言われるハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは美白効果の高い成分です。肌の漂白剤と呼ばれるほどに美白効果が高いもので、この美白効果はデリケートゾーンの黒ずみに対しても大きな効果を発揮します。美白効果としては美白成分として有名なプラセンタやアルブチンの10倍から100倍とまで言われています。黒ずみを改善する成分としては最強クラスといえるでしょう。また美白作用がとしてメラニンの生成を抑えてくれることと、数を減らしてくれるというものがあり、一つで二つの効果が期待できます。

最初はアメリカで美白成分として販売がされていましたが、2001年に日本で薬事法が改正されたことで市販の商品にも低濃度であれば配合することができるようになりました。この成分はデリケートゾーンに塗っても即効性のある成分ではないので継続が必要となります。なので早く結果を出したいのであれば医師に処方してもらうのが一番です。また副作用が出る可能性があるという点でも医師の指導があると安心です。

デリケートゾーンに使うときの注意点

ハイドロキノンは美白効果が高いことでデリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できますがいくつかの注意点があります。それはまず刺激が強い成分であるということです。敏感肌の人は特に注意が必要であることと、デリケートゾーンはその名の通り、刺激に弱い部分なので安全に使用するには医師への相談をお勧めします。また強い美白効果があるとはいっても消えない黒ずみのタイプも存在します。それは長い年月が経ってしまったものや遺伝性の黒ずみです。また効果が高いぶん、高濃度のものを使い続けると塗った部分の色素を薄くしすぎてしまい、白い斑点のようになってしまうことがあるのです。ほとんどありませんが濃度が高いもの、5パーセントを超えてくると発がん性もある可能性があるので注意が必要です。

デリケートゾーン黒ずみ解消の市販商品と処方されたものの比較

ハイドロキノンはドラッグストアなどで購入できるものと皮膚科などで処方してもらうものとがあります。この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

皮膚科で処方してもらうと高濃度のものも処方してもらうことができます。ドラッグストアで購入できるのは薬事法で定められた5パーセント以下のもののみになります。皮膚科で処方してもらうとハイドロキノンを処方してくれるのが美容皮膚科になるので保険適用外になり、費用が高額になる可能性があります。それに比べるとドラッグストアで販売されているものはあまり高額なものはありません。しかしドラッグストアで購入するには自分で自分のデリケートゾーンの黒ずみ具合に適した濃度のものを探し出さなくてはなりません。皮膚科で医師に診断してもらえば適したものを確実に処方してもらうことができます。