デリケートゾーンにはなぜ黒ずみが発生するのか。ケア方法と共に紹介

そもそもどうしてデリケートゾーンなどに黒ずみができてしまう?

まず、第一に知っていただきたいのはデリケートゾーンの黒ずみは多くの女性が程度の差はあれどなっています。デリケートゾーンのみならず脇や乳首などの黒ずみの原因はメラニン色素です。これらの部位ではメラニン色素が活発であり、人によっては黒ずみの度合いが強い人弱い人と遺伝や人種・年齢などによって変わるそうです。
メラニン色素といえば「紫外線」というイメージがある方が多いのではないしょうか。ですが、メラニン色素が活発になる原因は紫外線の他にも
1肌への摩擦によるもの
2きちんと洗えていない
3潤いがなく乾燥した場合
などがあげられます。
1まずメラニン色素は外的要因から肌を守るために生成されるものであります。そのためデリケートゾーンが異常に摩擦されてしまうと肌を守るためにメラニン色素がたくさん作られてしまいます。下着やアンダーヘア・そしてナプキンなど様々なものによって摩擦され黒ずんでいきます。締め付けの強い下着やパンツを頻繁にはいていたり生理中であってもなかなかトイレにいかないなどの生活が黒ずむケースとしてもあげられます。
2デリケートゾーンは肌が薄く弱いため優しく洗ってあげる必要があります。また大陰唇・小陰唇は汚れが落ちにくいところでもあり優しく洗いながらもしっかり洗わなければいけません。汚れがきちんと落ちていないとデリケートゾーンはにおいもしてしまいます。そのニオイを落とすためにもタオルでゴシゴシ洗いすぎてしまうと摩擦がかかりこちらもメラニン色素を生成する原因になってしまいます。
3顔の肌は乾燥するとシミやシワができてしまいます。デリケートゾーンも顔と同じように乾燥していると黒ずみができるので、お手入れしなければいけません。デリケートな部分であるため常に配慮してあげましょう。
そのほかホルモンバランスや不規則な生活などデリケートゾーンを黒くさせる原因にはいろいろなものがあります。では黒ずみを防ぐにはどのようなことをしたら良いのでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを予防・抑えるためにケア方法を学ぼう。

ではどうしたら黒ずみ・メラニン色素を作らずに済むのかケア方法を紹介します。
まず肌の摩擦をおさえるためにもピタッとした下着、そしてタイトなパンツを着るのをなるべく控えるようにしてゆったりと下着やパンツ・そしてシルクや綿など肌に優しいものを選びます。またアンダーヘアも摩擦を防ぐために手入れは念入りに行いましょう。そして生理中は可能な限りナプキンの交換を行います。布ナプキンの使用も良いでしょう。これらの方法を使用していかにデリケートゾーンに摩擦をかけないかが大切になります。
デリケートゾーンを洗う時には肌に刺激の少ない石けんでしっかり泡をたてて揉みこむようにあらいます。ネット通販ではデリケートゾーン専用石けんも販売しており、気軽に購入が可能です。その他赤ちゃんでも使用ができる石けんなども使用しても良いでしょう。洗い流すときにはぬるめのお湯でしっかり汚れを落とすイメージで洗い流します。またデリケートゾーンを洗う際には前から後ろに向けて洗うようにするときれいに洗いやすいそうです。
デリケートゾーンの黒ずみのための専用クリームもネット通販にはあります。こちらは美容外科で黒ずみを落とす方法と比較してもリスクが少なく肌をきれいにできる効果も期待できるので是非チェックして頂きたいです。それぞれの専用クリームによって保湿効果も期待できるものや天然成分で低刺激のものなど、様々なものがあります。口コミなどもみて自身にあったデリケートゾーン専用クリームを購入してはいかがでしょうか。